SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

兵庫県川西市 AUTO Garage K/Style

車のトータルプロデュース遠方納車にも対応。面白い車の情報を的確にお伝えします。見て解らない事はドシドシご連絡ください
欧州車からレア車両を得意としますお客様のニューズに答えられるお店です!
暑くなると増えるトラブル

梅雨があけたら車のトラブルが増えてきます

エアコン、ポンプ、電装系などなど

何故だか分かりませんが、例年お盆前はバタバタします

車の使用頻度が上がるからなのか?

暑さで車の方が根をあげるのか?

とにかく

車のトラブルは早めに点検がいいですよ^ ^





| 【自動車ニュース】思う事 | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
エアバック

タカタのエアバックがリコールやらバタバタしてほぼ1年ですかね〜

今は民事財政法ですか。

しょぼい会社やったんですね(゚∀゚)

エアバック卸すだけで儲けてたから世界情勢やら改良なしで利益貪るから叩かれるんですよねー

車は世界で使い方が違う!

それが判ってないとダメなんです。

残念ですが0からやり治りてください^ ^


本田宗一郎が生きてたら怒られるし日本の会社から叩かれないだけマシですね。

車は時代を作る最先端を走る物であり、全ての人が満足する物でなくては世界に勝てませんし生き残れません!

これからも大手メーカーがつぶれていきますが、それはしょうがないと思います。つぶれずして前進なし^_^もっともっと良い車お願いします



店長 近藤

| 【自動車ニュース】思う事 | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
車検が続く

空梅雨が身体を疲れさせる(゚∀゚)

雨が降れば涼しく作業もできないことがあり休めるのに暑くて大変です。

最近車検場に何にも知らない一般人を見かけます

今日もスモールライトが点いてないと落とされてる方がいましたが車の点検もせずに来るなんて、よほどの暇な方なのか?

車検場に来るならせめて点検してから来ないと無駄足になりますよ^ ^

インターネットで車検情報調べて簡単に考えてるでしょうかね。

今日はバッテリーあげてるお年寄りまでいました。

車検場も変わりつつありますね


店長 近藤


| 【自動車ニュース】思う事 | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
旧車80年代

最近サニトラやシティの車検したが、旧車の面白いです🤣たしかシティは80年代にコンパクトな三枚ドアでエンジン1200ccでブルドックとか言われてた。あの時代なんでもアリアリなんで次次新しいタイプが作られてましたね〜

フォルムは今見ても良いです

写真撮るの忘れた(゚∀゚)


足回りと剛性見直せば角張った独特のフォルムは今でも受け入れられるはずだ。

ホンダのコンパクトモデルと言えばフィットが今やバカ売れ人気モデルだがシティが先駆けだな

珍しい旧車や外車も車検しますのでお困りの方は是非よろしくです。


店長 近藤

| 【自動車ニュース】思う事 | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【スーパーカー】メイド イン チャイナ【かっこいい】
JUGEMテーマ:車/バイク

英国内のフォーミュラ1のサプライヤーが関わる本格派

中国製のスーパーカーがジュネーブショーで世界初公開された。メーカーは、北京に本社を持つベンチャー企業「テックルールズ」だ。

展示されたクルマは、ロードゴーイングカーの「GT96」と、レーシングカーのような「AT96」の2台。

「GT96」のボディサイズは、全長×全幅×全高=4648×2034×1140(mm)、ホイールベースが2655mm。タイヤはミシュラン・パイロットスポーツで、フロントが265/35R20、リア325/30R20を履く。

車体は、英国内のフォーミュラ1のサプライヤーが製作したカーボンファイバーのコンポジットだ。前後のサスペンションは、ダブルウイッシュボーンで、これもF1関連のサプライヤーが手掛けた。

ライバルはランボルギーニ「アヴェンタドール」

同車の最大の特徴はパワートレインだ。タービンエンジンによるレンジエクステンダーで、テックルールズでは「TREV」と呼ぶ。

同システムは、マイクロタービン、インバーター、燃料ポンプ、エアポンプ、二次電池、電気モーターで構成する。モーターは前輪と後輪の駆動軸の中心にそれぞれ1基ずつ。マイクロタービンは、車体後部に配置され、最大回転数96000rpmで作動する。

車両名称の「96」は、この回転数からイメージしたという。燃料は、ガソリン、ディーゼル燃料、航空燃料など様々な可能性があるが、「バイオフューエルとして、CNG(圧縮天然ガス)を推奨したい」(同社関係者)と語った。

また二次電池については、リチウムイオン二次電池で、電池容量を20kwhとしているが、「利用条件によって、さらに小量化することを目指している」(同)という。

こうしたシステム全体の最大出力は1044馬力に達し、計算上では最高速度は350km/h、0-100km/h加速は2.5秒が可能だという。

量産化については、2年以内を考慮しており、今年2月には英国のシルバーストーンサーキットで「AT96」のプロトタイプでの実走行を終えている。

価格については、ランボルギーニ「アヴェンタドール」をライバルということで、日本円で3000万円前後になる見込みだ。

上記抜粋

日本もかつてアメリカ、ドイツ、イギリスなどのパクリと言われてる時代がありました
コピー技術が高い中国 短期間の間で良いもの仕上げてくる可能性ありますね
メイド イン チャイナは壊れる安物イメージありますが
そんな価格で作らしてるのは日本だったりします

急激な経済発展とともに車社会に突入した中国の巻き返しが始まるのも時間の問題かもしれないな

店長 近藤
 

| 【自動車ニュース】思う事 | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【シボレーコルベット Z06】見た目は良い車だ
JUGEMテーマ:車/バイク

ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社(以下、GMジャパン)は、日本限定1台となる「コルベットレーシング・イエローのZ06」を含む10台の特別限定モデルの「シボレー コルベット」を初めて、Web限定で受付を行う

【ギャラリー】CHEVROLET CORVETTE LIMITED EDITION (3枚)

GMジャパンは、2015年ル・マン24時間耐久レースのGTE Proカテゴリーで8度目の優勝を飾り、また、今年1月末に、「デイトナ24時間」のGTLMクラスにおいて1、2フィニッシュの偉業を達成した「シボレー コルベット C7.R」と同時に開発されたハイ・パフォーマンス・スーパースポーツカー「シボレー コルベット Z06(ズィー・オー・シックス)」と「シボレー コルベット Z51」の特別限定モデルを3色、2タイプ、計10台を発表し、3月3日〜13日まで、シボレーのオフィシャルWebサイト限定で、購入予約受付を開始する。

なお、各モデル、複数の応募の場合は、抽選で当選者を決定、当選者は希望または最寄りのシボレー正規ディーラーネットワークで購入できる。

上記抜粋

GMは凄いですね〜大排気量!燃費気にしない!パワーこそすべて!コルベットは変わりません
昔のコルベット何度か乗りましたが正直良さは解りませんでした
今の日本では確かに10台くらいの割り当てで十分じゃないかと思う
お金余ってる人のコレクションアイテムッて感じでしょうね

店長 近藤

| 【自動車ニュース】思う事 | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【イギリス車】ミニが愛される理由 【おもちゃ感覚】
JUGEMテーマ:車/バイク
【きっかけはスエズ動乱】

初代ミニのデビューは1959年。英ブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)の技術者アレック・イシゴニスによって開発された。

 誕生のきっかけは56年に中東で勃発したスエズ動乱。石油高騰の対策としてつくられた。

 全長3メートルちょっとのボディ四隅に10インチの小径タイヤを配し、短いノーズに横置きエンジンを搭載し、前輪で駆動する。大人4名が乗車する室内を確保、卓越した走行性能を実現した。狭いスペースに部品を組み込むため、エンジンと変速機は「2階建て」とした。サスペンションは金属バネではなく、ゴム製のラバーコーンが使われた。

 ミニはその後、当初の基本設計をそのままに変遷を重ね、約40年間で530万台を販売した。

 2001年、ミニは独BMWの手によって「新生ミニ」として生まれ変わった。従来のデザインを踏襲しつつBMWの技術を投入、信頼度が大きく向上した。ちなみに日本での発売は2002年3月2日(ミニの日)。14年にはBMWとして3代目となる新型を発売した。           

 【ジョン・クーパー】

 「クーパー」の名はミニをレース界で一躍有名にさせた英国人エンジニアのジョン・クーパーの名にちなんでいる。クーパーはミニの優れた走行性能に注目し、自らエンジンをチューニングしたスポーツモデルをメーカー生産でデビューさせた。クーパーの名を冠して開発された「ミニ・クーパー」は1960年代のモンテカルロラリーで3度の勝利に輝いており、その逸話は今も語り継がれている。

 【ミニを愛した有名人】

 オールドミニは英国の有名人たちに愛された。ビートルズのメンバー、デビッド・ボウイ、エリック・クラプトンら著名ミュージシャンをはじめ、俳優のピーター・セラーズ、ファッションデザイナーのポール・スミス、またエリザベス女王までもがミニを愛用したといわれる。

上記ニュース抜粋

日本でもミニって好きな人いますよね
1番の魅力は右ハンドルの外車で気取らず乗れるとこか
今でこそ右ハンの外車が当たり前になってきましたが2000年以前は外車と言えば左ハンドルという
イメージが強く左ハンドルのほうが中古でも高かったんです

そんななかイギリスは日本と同じ右ハンドルの車社会でですから
気取らず乗れる、それでいてオシャレに気取れるミニは人気なんでしょう
見た目もかわいらしい!日本仕様かと思うボディーサイズです
でもね狭いんですよ〜ホント!運転手は良いけど後部座席なんてオマケ程度で
ホントにイギリス人が乗れるのか?運転できるのか?って思います
おもちゃ感覚ですよね

店長 近藤

| 【自動車ニュース】思う事 | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【凄いなスズキ】こんな社長に会ってみたい
JUGEMテーマ:車/バイク
スズキの鈴木俊宏社長は11月4日の決算発表会見で、9月に提携を解消した独VW(フォルクスワーゲン)との関係について、結果的に良かったこともあったと明かした。

これは世界的な排ガス不正問題となっているVW製ディーゼルエンジンについてで、スズキが2009年の提携後に供給を要請していたエンジンも不正の対象だったという。スズキはその後、伊フィアット製のディーゼルに切り替え、主力のインド市場向けモデルなどに搭載している。このことも両社の関係を悪化させる引き金となった。

鈴木社長はVW製ディーゼルを「使わせていただけなかった」ことが結果オーライだったとの受け止めを示した。そのうえでインドでは問題のディーゼルが出回らなかったため、「VWさんにもプラスに働いているのでは」と言及した。

上記抜粋

日本を代表する自動車メーカースズキ、販売網を全国に広げ今や知らない人はいない
世界で戦うためVWと手を組んだがVWと提携が決裂、その後ディーゼル問題でVWはドタバタですね
スズキといえばインドで頑張ってるようですがと遠いインド!情報も入ってこないですね〜
インドは人口はすごいのにインフラに関心ないのか!?近代化が進んでるのか!?解りません
もしインフラ整備が進み、人のマインドが変わればスズキは大きく飛躍するんじゃないでしょうか?
インドのタタ見た時インドのレベルがまだまだ低い事が解りました
今後インドの変化に注目です

店長 近藤
 
| 【自動車ニュース】思う事 | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【タカタエアバック】米国でおよそ84万台を追加リコール【リコール】
JUGEMテーマ:車/バイク
ドイツの高級車メーカー、BMW。同社がタカタ製エアバッグの不具合により、米国でおよそ84万台を追加リコール(回収・無償修理)する。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。BMWの米国法人、BMWオブノースアメリカから、合計84万台の追加リコールの届け出を受けた、と公表している。

このリコールは、タカタ製のエアバッグのインフレーター(膨張装置)の不具合によるもの。ガス発生剤の成型工程や成型後の吸湿防止措置が正しく行われず、密度が不足したガス発生剤が組み込まれた可能性がある。これにより、エアバッグ展開時にインフレーター内圧が異常上昇。インフレーター容器が破損して飛び散り、出火や乗員が負傷する恐れがあるという内容。

今回のBMWのリコールは、米国で2015年12月、フォード『レンジャー』が事故を起こし、エアバッグの異常破裂で乗員が死亡したことを受けての対応。タカタのエアバッグ問題では、ホンダ以外の自動車メーカーで初の死亡事故となったことから、米当局が自動車メーカーに対して、追加リコールを要請していた。

BMWの場合、米国で販売された約84万台がリコールの対象。2008-2013年モデルの『1シリーズ』、2006-2011年モデルの『3シリーズ』、2013-2015年モデルの『X1』、2007-2010年モデルの『X3』、2007-2013年モデルの『X5』、2010-2011年モデルの『X6』などが該当する。
上記はニュース抜粋

それだけタカタ製エアバックが広く使われてたからしょうがないですね
しかしアメリカの経済戦争ともいえる戦いに日本のタカタが反撃して欲しいと思うのは俺だけ?
少なくともエアバックは100%人命守るものでなく1つの救済装置でしょう!?
正しい姿勢、正しい速度、正しいシートベルトなどが複合して突発的な事故でも助かる可能性を
大きくしていけるんじゃないでしょうか?
爆発して破片で死亡とありますが、1事故づつ検証する必要があります!
アメリカVS日本 今は一方的な制裁でやられっぱなしです
頑張れニッポン!頑張れタカタ!

店長 近藤
| 【自動車ニュース】思う事 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |